豊胸手術におけるヒアルロン酸注入

最近の豊胸手術の方法として、人気が高まってきているのが「ヒアルロン酸注入法」です。豊胸手術の施術方法としては、これまでシリコンによる豊胸パックを胸の部分に埋め込む「プロテーゼ法」や、自分の体の余分な脂肪を抜き取ってバストに注入する「脂肪注入法」が一般的でしたが、いずれも問題点や心理的な抵抗感があるものとされてきていました。
そこで最近登場してきたのが「ヒアルロン酸注入法」です。ヒアルロン酸とは、人間の皮膚の内部の真皮質にある肌のうるおいやハリを保つ物資です。美容整形分野では、ほかにも顔のシミやしわとりのために注入をする場合があります。ヒアルロン酸を胸に注入するということは胸の部分の肌の活性化にも役立つものであり、健康を害することのない、大変有効な手段であると言えます。
ヒアルロン酸注入法による豊胸手術のもう一つよい点は、シリコン剤の注入などと違って、体にメスを入れる必要がなく、注射を受けるだけでよいということです。また、施術も時間がかからずその日のうちに帰宅も可能なので、入浴なども自由に行うことができます。妊娠中や授乳中の女性が行なっても問題がない施術とされています。
また、シリコン剤を胸に入れた場合には、レントゲン等をとるとはっきりそれと映ってしまうのですが、ヒアルロン酸はもともと人体内にある物質であるため、そのような映り込みの心配もありません。アレルギーを起こすなど副作用もなく、若い人の豊胸術として人気があります。

http://takasu-osaka.com/